· 

どんどん変わってくる

皆さんこんにちは。フロリダ州オーランド在住のジモッティです! このブログでは、海外での生活や世界情勢のこと、ビジネスやそのマインド、自分のレストランについてなどを幅広くお届けしています。よろしくお願いします。

 

今回は青森銀行とみちのく銀行の統合協議からです。

 

まずはこちら。
【青森県を地盤とする青森銀行とみちのく銀行が、経営統合に向けた協議に入ったことが4日に明らかになりました。地方銀行の統合に独占禁止法を適用しない特例法の適用へ、金融庁や公正取引委員会と調整する。実現すれば総資産規模が5兆円を超え、東北では七十七銀行(仙台市、8兆7千億円)、東邦銀行(福島市、6兆円)に次ぐ屈指の大型銀行グループが誕生する。】との事。

 

まずはこの地方銀行についてなのですが、実はかなり経営が危ないところが多いのです。ですのでこういった統合というのは今後も出てくるだろうと思います。

 

じゃあなんでそんなに経営難なの?という事ですが、これは日本全体に言える事ですがとにかく貸出先が無いのが原因です。

銀行というのはシステム上、お金を貸し出す事で信用創造により【無い所からお金を創り出します】。

預金者のお金を貸していると思われている方も多くいますが、それは違います。
借り手に対して無からお金を創り出しているのが銀行です。

でもその借り手が不足しているのです。だから銀行も預金者のお金を投資で増やすしかないわけで、それも上手く行っておらず苦しんでいる・・・というのが簡単な流れです。

 

経済を上手く回していくためには、銀行はバンバンお金を貸し出すべきなのです。そしてしっかりと金利で稼ぐ。借り手としては金利は安い方が良いのですが、経済循環としては金利が高く設定出来ている時の方が世の中の景気は良いという事なのです。

そして迎えたコロナによる経済危機。失業者や倒産する企業もこれからどんどん明るみになっていく事でしょう。

 

ところで、来年のダボス会議のお題は「グレートリセット」です。

経済のリセットだったり文明のリセットだったりと、様々な憶測が飛び交っていますが詳しい部分はさすがにまだ分かりません。

ですがアメリカの大統領選もその計画に含まれていると思うので、そうなるとバイデンが大統領になる可能性が出てきます。そして途中で退き、副大統領候補である女性(カマラ・ハリス上院議員)がアメリカ初の女性大統領になるかもしれません。

 

一体どんな世の中になって行くのでしょうか?

気になりますね。

明るく楽しい未来だと良いのですが。

 

* 画像は共同ニュースより