· 

スピード!今回は割と深い話です。

皆さんこんにちは。フロリダ州オーランド在住のジモッティです!このブログでは在宅でお金を稼ぐための豆知識や新しい情報について、また、レストランで独立開業して5年目で感じる事、海外での生活や世界情勢のことなど、私達の生活に関わる色んな事を取り上げて行きたいと思っています。

 

今回は私たちの様な小規模なビジネスが生き残るための重要な要素である「スピード」についてお伝えします。

今回のブログカテゴリーとしては「レストランビジネス」を選択していますが、実際これはどんなビジネスにでも当てはまる事ですので是非覚えておいてください。

 

分かり易く例として私のレストランを挙げてみます。

私のレストランはフロリダの田舎にある小さな個人経営のレストランです。

以前はBBQのレストランだったのですが売れ行きが悪く、ビジネスが安く売りに出ていたのを私が買いました。

それをリノベーションすると運転資金が無くなってしまうので、看板やメニュー、お皿等だけを変えて店内の内装も外装もそのままで日本食を売り始めました。

 

宣伝は2回だけ。雑誌とビラ。でももうやってません。高いだけで効果が無いので。

店内はボロのまま。建物もボロのまま。ビジネスを買って2週間もしないでオープンさせました。

(その2週間は材料の仕入れやキッチン内の清掃、お皿を買ったりメニューを印刷したりでどうしても必要な時間です。)

 

自分が知っている中でもこんなに整っていないでスタートしたレストランは知りません。トイレなど壊れて水が漏れていましたしね。(笑)

でも紆余曲折ありましたが、こんなコロナ禍で大手が閉店に追い込まれる中でも生き残っていて、5年目に突入しているのが現状です。

 

最初の1年目は本当に辛くて、半年が過ぎる頃には妻に「もう閉めようかと考えている」と話したことがあります。

その時に経済的に救ってくれたのは仮想通貨だったわけですが、まぁそれは運もあるので今回は退けておきましょう。

 

今回私がお伝えしたいのは「とにかく動け!」「とにかく早くやれ!」です。

そして「やりながら改善しよう!」という事です。

 

置かれた状況はそれぞれ違えど、個人で出来る範囲など最初は小さなものです。資本が少ないわけですから、大手ほど整ってスタート出来ることなどありません。ホームページの見栄えも悪いです。でもですね、そんなのお客さんにはあんまり関係ないんですよ。要は【求めているものがあるか】だったり【オーナーの想いが感じられるか】などの方が重要なわけです。

 

今のお店で提供しているメニューは日本で言うところのB級グルメばかりです。

最初はもっとカッコイイのを出していたのですが、この辺りの田舎のお客さんには不向きでした。なのでお客さんのリクエストに答える形でメニューを変更して行き、それで今のスタイルに辿り着いたわけです。とはいえこれは終着ではなくあくまで途中経過なわけですが。

 

現場に自分がいるわけなので、お客さんの声はダイレクトに届きます。だったらそれをすぐに反映させる。

売り上げが立たなければ自分の好きなメニューも出来ないわけですから、まずは何より売り上げが必要なわけです。自分の欲求が先ではありません。その必要な売り上げを出して行くためにお客さんの声を拾う。これはある意味マーケティングとも言えると思います。

 

そしてこれも重要なのですが、そうやってお客さんの声を拾いながらも「おまかせ」のメニューなんかを盛り込んで自分の特徴を出して行くのです。そうすれば「あ~、こいつはこんな事も出来るんだな!」という印象も残す事が出来ます。するとケータリングなんかで違う客層からのオーダーが入る事もあるわけです。

 

とにかくまずはやってみる。大企業に勝てるのはスピードだけです。そこは絶対です。

そしてやりながら顧客の声を拾う。そして改善。工夫。それの繰り返しです。

 

全て整えてからじゃなきゃ心配だというのは皆一緒です。でも不安を払拭して動かなければ始まりません。どうしても不安ならずっとサラリーマンでいる方を選択すべきです。それが悪いわけではないのですから。それも立派な生き方だと私は思っています。

ただこのブログを読んでいる方々は独立志向が強い方なので、そういう人向けに私はブログを発信しています。それだけです。

 

失敗したらその時にまた考えましょう。でも失敗しないように必死に考えながら動きましょう。

準備も出来るならしておきましょう。そのためのこのホームページですから。

まずはスピード!がんばりましょう!