· 

シェフとしてのブログも開始します!

皆さんこんにちは。フロリダ州オーランド在住のジモッティです!このブログでは在宅でお金を稼ぐための豆知識や新しい情報について、また、レストランで独立開業して5年目で感じる事、海外での生活や世界情勢のことなど、私達の生活に関わる色んな事を取り上げて行きたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

 

本業での経験や思う事なんかもブログでお伝えしていこうかと思い、ブログのカテゴリーを増やしましてみました。

よろしくお願いします。

 

さて、プロフィールでトップページにも記載しているのですが、私はレストランのオーナーシェフでもあります。

というよりこれが本業というところです。現在42歳で、気付けばもう20年のキャリアになります。

 

大学生の頃にレストランでアルバイトを始めたのがキッカケで、もともと何かを作ることが好きだったので気付けば本業になっていたという感があります。また、21歳で単身渡米した際に、語学力抜きで仕事として通用するものが手に職でもあるキッチンでの仕事だったという事や、その仕事を通じてアメリカ永住権申請をしたりという事もあって、なかなか仕事を変えようにも変えられない環境だったので結果的に長くなったというのもまた1つの理由かもしれません。

 

とはいえ、日本にビザの都合で3年半ほど一時帰国していた時期があるのですが、その間の内の2年くらいは全く違う仕事をしていました。保険の営業をしたり、人材コンサル会社で企画営業したりと色々やりました。(成績は当時社内1番でしたよ!)

 

アメリカでも若い頃は飲食の仕事と掛け持ちで古着のバイヤーをやって日本に送ったり、時にはトートバッグやTシャツを作って販売したりと、本当に色んな経験をしてきて今に至るというところです。

でもなんだかんだでレストランの仕事が好きなのか、気付けばいつの間にやら20年というわけです。

 

その20年のキャリアの中で独立して5年目、つまり15年のキャリアで独立したわけですが、それでもまだまだ分からない事や未経験の事が山のようにあるのです。だからこそ飽きないのでしょうが、何でも奥が深いですね。本当にそう思います。

 

仕事というのはテレビドラマや映画みたいにカッコイイものばかりではありません。どんなに華やかに見える世界でも、実際の仕事となるとルーチンワークばかりです。真新しいことにチャレンジ出来るかどうかも職場の環境次第ですし、ダラダラ過ごそうと思えば幾らでも出来てしまう環境なわけです。今なら【自分でやっちゃえば?】と思うような場面でも、それを判断できるほどの能力や経験が無かったりもしますしね。

 

私はたまたま学生の時に厳しさと愛情を併せ持った素晴らしい指導者と巡りあったおかげで、そこそこ自分に厳しくやって来れた方だと思います。でも残念なことに私には情報が足りませんでした。若い頃にもっと質の高い情報を得ることの大切さを理解していれば、今とはまた違った人生になっていたことだろうと思います。

 

若い内に親元を離れて、あろうことか外国で1人で生活し始めたという点で成長した部分と損をした部分の両方があると分析しています。ですので遠回りしたことも沢山あるわけですが、その事に関しては特に悔いはありません。本当に多くの人が経験出来ないような事もしてきましたし。でも自分の子供達には出来る限り様々な情報を与えてあげたいと思っています。そして子供達にはそれを自分なりに1つの選択肢として受け止めて、自分で考えてしっかりと進んで行ってほしい!と、思う今日この頃です。

 

レストランやシェフというカテゴリーからは少し外れましたが、シェフだの起業家だのという以前に私は父親ですので、その職務を第一に考えなければと思っている次第です。

 

とりあえず今回は新しいカテゴリーの第1回目ですのでこの辺りで止めておこうかと思います。またアメリカのレストランビジネスの話やシェフという仕事について等を書いていきたいと思います。