· 

重要!世界の裏事情を知る

皆さんこんにちは。当サイトの管理人ジモッティです!このブログでは在宅でお金を稼ぐための豆知識や新しい情報についてだけではなく、海外での生活や世界情勢のことなど、私達の生活に関わる色んな事を取り上げて行きたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。 

 

今回はほんの少しだけ世界の裏事情に足を踏み入れてみたいと思います。(本当に少しだけ・・・。)

 

2020年の現在、アメリカと中国は互いに超緊張状態が続いている様な報道がされていますね。インドと中国も戦争になるかもしれないと噂されています。でもこれらって全て台本があっての舞台のようなものだとしたら・・・皆さんはどう思われますか?

 

あまり深い話を書くとこのホームページそのものが嫌がらせを受けるかもしれませんので詳しくは書きませんが、今まで起こってきた世界の大きな事件や出来事というのは全て裏で糸を引いている者(組織)がいるという事を知っておかなければなりません。

 

たとえば記憶に新しいもので言えば「911」だったり、「リーマンショック」だったりもそうです。全て一部の人間が決めて実行した事であって自然にそうなったわけではありません。少し前に遡るなら、日本のバブル崩壊も、明治維新ですらも全てその裏では首謀者がいます。(坂本竜馬はそのコマでしかありません。)

 

これらは学校の教科書には決して載らない事ばかりですので、それだけを信じて生きてきた人からすれば単なる都市伝説や陰謀論と思うでしょう。しかし、そう思う方向に誘導されているのもまた事実ですし、教科書なんかもそういった勢力によって作られているというわけです。ですのでちゃんと自分から情報を取りに行かなければ真実の世界史に辿り着く事は出来ません。

 

しかし、お金の流れを読み解くためにはこれが最も重要なことなのです。

経済新聞を読んでもニュースを見ても表面上のこと、つまり誘導したい側が意図的に流している情報にしか辿り着くことが出来ません。なぜならメディアも誰かの持ち物であって、企業はオーナーや株主の為に仕事をするからです。ですから私たち一般庶民は視聴率を稼ぐためのものでしかないという事です。

 

このホームページの金融のところに記載していますが、お金の流れを知るためには絶対に世界情勢を知る必要があります。AとBが戦っている時にはその裏にいるCやDが本当の首謀者だと思っていて間違いありません。
こういった事を知るためにもまずは良質な本を沢山読むことをお勧め致します。