Finance(金融)

まず最初に、金融で最も気を付けなければならない点は合法なサービスのみ使うようにするという点です。

特に海外FX会社や暗号資産のハイプ案件など、場合によっては日本国内やアメリカ国内での利用が制限されているものがあります。後に大きなペナルティを受けることが無い様、最初からそういった怪しいものには手を出さないのが賢明です。これは結構重要な事ですので覚えておいてください。


個人的には色々ある金融商品の中でお勧めなのは株式投資です。デイトレードは巨額の資金が無ければあまり意味が無いのでお勧めしませんが・・・。(デイトレするならFXの方がよほど良いと思っています。)

専門知識は個人で勉強して頂きたいと思うのでここでは割愛しますが、なぜ「株式投資」なの?といいますと、結局それが最も王道で一般的だからです。ですので安全に取引が出来ます。ちゃんと証券会社の電話対応や対面窓口などもありますし、投資はギャンブルではないので安全に取引できる事は大変重要な事です。

 

とはいえ、たとえば10%のキャピタルゲインがあったとしても元本が少なければ儲けは微々たるものです。

100万円の資金で10%儲けが出ても10万円です。人生が豊かになるほどの金額ではありません。だから逆に多くの人がこの10万円で無駄な買い物なんかをしてしまいがちです。

 

考え方としてはとにかくまず「損をしない」というのが1番ですので、たとえ勝ったお金であっても有効活用を考える癖を付けましょう。この10万円をどう使うかをしっかり考えるわけです。複利運用しても良いでしょうし、その10万円でもう少しハイリスクな投資をするのも良いかもしれません。

◆経験豊富なプロのアドバイスを得られるサービスも下にリンクで貼っておきますので興味のある方はご確認ください。主に新興市場をターゲットにしているとの事です。しかし最後は全て自己責任ですので、投資するならその覚悟を持って挑みましょう。まずは勉強からです。


見るべき点とは?

 

株は色んな情報から判断する事が重要だとされています。ですので移動平均線を主に使用したり、会社のIRで数字を読み取ったりする人もいます。しかし個人的には最も目を向けるべきは世界情勢だと思っています。世界や歴史を動かしているのはごく一部の超富裕層です。今何が起きていて誰の懐にお金が動いているのか、今話題の商品を世に出している企業の大株主は誰で、その人はどこのグループに属している人なのか、そういった事を知っておくと未来の予想が出来る様になります。

つまり今の世の中の流れは誰が(どの一派が)作っているのか?を見ることが重要なのです。

 

例を出します。誰でもご存知の新型コロナウィルスの件で話をしましょう。

 

ウィルスの解析もままならない内からワクチンの重要性を話すメディアで情報が溢れましたね。では製薬会社の内の有名な5社がワクチンを販売出来る状態になったとします。世界中のほとんどの地域で強制的にワクチン接種が行われると考えたとして、地球の人口およそ70億人の内の50億人が摂取するとしましょう。

 

その5社が均一に分けて10億人分ずつのワクチンを販売出来ることと仮定します。すると、ワクチン1本の価格が1000円だったとしても、10億人×1000円のお金がそれぞれの製薬会社に入ってくるわけです。凄まじい売上げですよね。ワクチン1つで1兆円です。株価は爆発的な上昇をしますね。

 

こういう事です。チマチマと”この会社が業績が良いから~”とか”○○○○という商品が流行っているから~”というのは短期的な今だけのちょっとした値動きです。それよりも世界の動き、世界の流れを注視してください。そうすれば難しい知識はほとんど必要ありません。

 


ネット回線はストレスの無いように有名な会社のサービスをお勧めします。


それともう1つは、普通に考えて潰れない会社というのも押さえておくべき視点です。たとえば日本で言うなればN○Tが潰れる事はあまり考えられません。通信事業は国の根幹を成す事業だからです。世界中これと同じ仕組みで、なるべく国に近い会社の株を長期で持つようにするというのが無難です。それとバフェット氏の様に国民の生活に広く一般的に溶け込んでいる企業というのも手堅いですね。(コ○・コーラ等)

 

無難で手堅くだとあまり稼げないというのも理解できますが、株というのはどちらかと言えば長期保有が鉄則のものです。そういった銘柄を押さえておきながら攻める銘柄や他の金融取引にもお金を入れるという感じです。まずは危険を回避しながら攻める方法を考えましょう。

 
個人的には短期で一喜一憂したい方であればFXや仮想通貨の方が向いているのではないかと思います。

下記に認知度の高い大手の証券会社や株式投資40年以上のプロの方が選ぶ銘柄を知れるサイトなどのリンクを貼っておきますのでご覧ください。「まずは負けない!」これこそ最も大切な事です。

 



FX

FXは素人にはあまりお勧め出来ないという事はトップページに記載しましたが、やり方によっては案外手堅く稼げます。まずその絶対条件は「欲を出さない」です。損切りのポイントを決めている人は結構いるのですが、利益確定のポイントを決めている人は案外少ないものです。(素人の話です。)

自分の中で「○○○○円儲けたら今日はOK!」という金額を決めておくのも良いですよ。あくまでも手堅く勝つ場合の話ですから慣れている方には「何言ってるの?」という事になるかもしれませんが・・・。

 

自分の経験上の話ですが「$100儲けたら今日はそれ以上やらない」というルールを設定した事があります。(アメリカ在住なのでドルです。)$100って案外簡単なんですよ。日本では1万円の感覚ですね。

これを儲けたらそれ以上はもうやらない。すると取引なんて1時間もかかりません。下手すると通勤中に終わっています。でもですね、こんな感じで緩く無理をしないで取引をして毎日$100の利益を出せば、それでも毎週$500の儲けになるのです。月にすると4週なので$2,000ですね。

 

自分の月給が毎日ほんのちょっとのスキマ時間に作業をするだけで$2,000(20万円の感覚)増えたら気持ちは楽ですよ。しかも怪しいことをしているわけではないので。(よくスマホでポチポチするだけで5万円稼げます!とかありますが、そういうのは無視してください。)

 

 

$2,000稼いで毎月決まった日に半分の$1,000は銀行口座に戻し、残りの半分はFX口座に残すという決まりにしました。そうすることで毎日の$100という目標設定が少しずつ容易になるのです。

それから設定を$200に上げ、$300に上げ、という感じにしました。

$300ですと週に$1,500ですからね。月にすると$6,000です。(60万円の感覚)

まぁ実際はここまで上手く行かないものですが、それでも結構手堅く勝てます。少なくとも自分はそうでしたし、それでレストランがピンチの時でも資金が何とかなったという経験があります。

 

(取引は安心できる会社で行いましょう!)


Youtube動画なんかによくあるのは利益確定のポイントやどこでエントリーするのが良いかなどありますが、私が紹介するこのやり方の場合は手堅い教科書通りの値動きを探すだけなので誰でも再現可能です。それに1日に$100ですから、$30、$30、$40という勝ち方でも良いわけです。それだと更に低リスクでトレード出来ますよね!

急にどこぞの国がミサイルを打ったり、要人がおかしな発言をして値が一気に動く時もありますが、それは株のところで説明した「世界情勢の動き」に注視していれば事前に対策を考えることが出来ます。それと価格に大きな影響を与える指標の発表(米国の雇用統計など)がある前後も注意すべきところです。

 

対策と言っても難しく考えず、分からないときは「取引をしない」というのが最善だと思います。

(素人にはこれが一番です。)

無料なので読んでみましょう

お得なキャンペーン中です

スクールで学ぶという方法



クリプト・カレンシー(暗号資産)

さて、最後に暗号資産(仮想通貨)です。2017年末のバブルを経験している人からすれば、もしまたあの勢いが来たらめちゃくちゃ儲かる!と考えてしまいますよね。でも今は株価と連動している感がありますのでそこまでの期待はしない方が良いかもしれません。それに世界中でお金の電子化が進んでいますので、こうなると逆に暗号資産の存在そのものが危ぶまれてきます。おそらくですが、草コインに期待するのはもう無理でしょう。たまにとんでもないものが出るかもしれませんが、個人的にはもう草コインに期待する時代は終わったと思っています。ただしバイナンスなんかがやっているIEOはその例外ですのでむしろ注目しておいて良いと思います。凄いのは30倍以上に跳ね上がっていますよ!   ブロックチェーン技術とは?

 

とはいえ、保有するのなら基本的にはBitcoinなのかな・・・という気はします。Ethereumも最近はめっきり存在感が無いですし、NEMなんかもそんな感じがしますね。XRPも結局は思いっきり中央集権なので個人的には魅力を感じません。それならOMG NetworkとかKyber Networkの方がまだ面白いかもしれません。
(ただしEthereumを32以上保有しているなら話は別です。保有していると増えている仕組みがあります。)

 

ビットコインはまだまだ値上がりする説も色濃く残っています。個人的な考えですが、これはある意味ギャンブル的な位置付けで、ちょっとだけビットコインを持っておく・・・というだけで良いかなと思います。

あまりトレードは必要無いかな、と。私はアメリカ在住なので一番信用できるCoinbaseを利用していますが、そういう信用のおけるところでちょっとだけビットコインを保有しているという感じで良いのではないか?と思います。ちなみにウォレットに保管するのが良いという方もいますが、私はCoinbaseに入れたままにしています。

 

ウォレットに入れても良いのですが、結局小規模な会社が作っているものが多くてそこまで信用は出来ませんし、資金面などから考えてもCoinbaseの方が安心だからです。保険もありますからね。
ウォレットはアップデートで逆に使い辛くなる場合もありますし、実際にウォレットの運営が倒産なんて事もあります。特に最近は色々あり過ぎな感もあるので、それなら保険もあって信用できる大手に頼るのが一番かな、と。外付けのUSB型取り外し可能のタイプは安心ですけどね。まぁ無くしたら終わりですが。。。
こればっかりは色んな意見があるのでご自分でよく考えて決めてくださいね。


ドルコスト平均法は気付けば資産が指数関数的に伸びて行きます。


番外編(生命保険)

これは特にオンラインで稼ぐという事ではないので番外編としてお伝えします。

 

実は案外知らない人が多いのですが、生命保険もお金の逃避先としてなかなか良いのです。

個人的には生命保険そのものは掛け捨てでの加入をお勧めします。貯蓄型だと毎月の支払いの割に保障が少ないですから。(保険で貯蓄型を勧められるのはその方がコンサルタントの報酬が良いからです。)

これでは万が一の時に残された家族が困ります。ですので一家を支えるような立場の人であったなら、安価で高額の保障を得られる掛け捨て保険を選びましょう。ちなみに共済も良いですよ。

 

しかし投資というか貯蓄というか、保障以外の目的、つまりお金を増やす目的で貯蓄型の生命保険というのは有りなのです。なぜなら銀行に置いておくより遥かに良い利率だからです。たとえばアメリカの場合ですと、利率が3~4%くらいあるわけです。銀行は当然少なくて0.1%とか0.2%ですから、銀行に置いておくよりよほどマシです。しかもこういう貯蓄型の保険料って申請すれば降ろせますからね。この部分を多くの人は知りません。(アメリカの銀行の利率は日本よりかはマシですけどね・・・。)

 

そして保険なので契約後にお金を支払ったらその契約日から保障が付くわけです。

たとえば、あなたが毎月10万円ずつ銀行に貯金しているとしましょう。ややこしいのでこの時の利率は無しとして計算をすると毎年120万円が貯金できることになります。でも例えばこの方が貯金を開始して1年経ったときに交通事故か何かで亡くなられたとします。すると家族に残るお金は120万円だけです。


でも別パターンとして、10万円の内の6万円は貯金して残りの4万円を支払って1,000万円の保障が付いた貯蓄型の保険に加入していたとします。そうすれば同じ様に1年後に亡くなったとしても残された家族には1,000万円の保障と72万円の貯金が残るわけです。同じ1年でどちらが結果として効率的ですか?

 

保険の営業マンって大抵の場合は人から避けられるんです。良い情報を伝えようとしてもその前にブロックされます。でも中には本当に親身になって話してくれる方もいますので、聞くのは無料だから色んな情報を仕入れることをお勧めします。最初から拒むのは情報弱者の典型パターンですので止めましょう。

 

さて、話をまとめますと、まずは掛け捨てで確実な保障を得てください。

それでも多少なりと余裕があるなら貯蓄型の生命保険に追加で加入しましょう。コンサルタントの方に用意してもらえば、その保険の利率とあなたの毎月の支払い金額、それと将来的な貯蓄額の全てが見れますから、それを見た上で検討してみてください。

 

最近はずっとアメリカに住んでいるので日本の貯蓄型生命保険の利率は知りませんが、それでも銀行よりかは良いはずなので調べてみてくださいね。ちなみに保険に加入する際は漢字四文字の生保はあまりお勧めしません。